介護ホームとは何なのか

  • 介護ホームとは何なのか

    • 介護ホームとは様々な形態の物があります。

      例えば、食事の提供や生活の相談を受け付けてくれる有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅というものがあります。



      それらは長屋のような建物で食堂や共同スペースが設けられています。個室には施設にもよってキッチンがあるところとないところがあります。

      トイレはついていることが多いですが、浴室は施設によって異なります。職員は常駐しており簡単な身の回りの生活支援を行ってくれますが、介護保険の適用が可能となるとヘルパーを利用することになります。

      施設によっては介護保険にかかる費用は家賃とは異なる場合もあるため、施設によっては介護保険のサービスを使えば使うほど費用がかさんでしまうこともあります。介護ホームの中にはシニア向けではあるけれど特に職員が常駐しているわけではないというマンションのようなところがあります。
      そこでは、バリアフリーの構造でエレベーターはもちろん、自宅内には一切段差がなく、トイレや浴室には手すりがついているため足腰が悪くなっても過ごしやすいというメリットがあります。

      NAVERまとめの情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

      さらに、マンションやアパートとして扱われるため食堂があるわけでもなく、人付き合いが苦手な人でも暮らしやすい環境です。



      ただし、常時介護や医療的な処置が必要になってしまうとシニア向けとはいえ生活が困難になる場合が多く、マンションでの生活ができなくなってしまうこともありえます。

      介護ホームはあるため、利用する前にきちんと情報を調べることが大切です。


  • 関連リンク

    • 家族の高齢化が進み、家族の中だけで介護をする事が難しくなった場合にどのような手続きを進めればいいか知っていますか。今は必要ないと思っていても、いざという時にはなかなか動けないものです。...

    • 高齢化が進む現在、老人ホームと呼ばれる高齢者向けの施設が次々に設立されています。一口に老人ホームといっても、数多くの種類があり、種類によって入れる人と入れない方が居るのを知っていますか。...