介護ホームとは何なのか

  • 老人ホーム紹介、まずは制度について知ろう

    • 老人ホーム紹介の記事やチラシを見ると、有料老人ホームを指していることが一般的です。


      実際には、有料老人ホームにもいくつか種類があります。

      まず、特定施設として運営している有料老人ホームは、介護保険の料金がすでに月々にかかる費用に含まれています。
      そのため、ヘルパーの支援を何回受けようとも料金は変わりません。


      ただし、注意事項としては施設独自のサービスとなると別料金が必要になることがあります。


      また、介護保険の認定を受ける前から入居することも可能で、その場合は利用料が異なる場合があります。


      他には、サービス付き高齢者向け住宅と呼ばれる有料老人ホームがあります。

      そこでは、食事やちょっとした生活相談は月々の料金に含まれています。

      教えて!gooを知りたいならご活用ください。

      施設独自のサービスについては料金がかからない場合もあります。
      ただし、介護保険を使うようになると介護保険にかかる費用は別途必要になります。


      有料老人ホームにて暮らす料金+介護保険の自己負担分が生活において必要になってきます。サービス付き高齢者住宅の場合、施設内にデイサービスを構えており一緒に有料老人ホーム紹介で説明されている場合もあります。
      多くのサービス付き高齢者住宅では日中は施設内のデイサービスで過ごしてもらい、他の時間は自室で過ごすといったようなスタイルになっています。



      これから有料老人ホームに入ろうと考えている場合、介護保険の料金が追加で必要になるのかどうか老人ホーム紹介してもらうときに確認することが大切です。



  • 関連リンク