介護ホームとは何なのか

  • 様々な種類のある老人ホーム紹介します

    • 高齢化が進む現在、老人ホームと呼ばれる高齢者向けの施設が次々に設立されています。
      一口に老人ホームといっても、数多くの種類があり、種類によって入れる人と入れない方が居るのを知っていますか。ニーズとともに種類が増えつつある老人ホーム紹介を行います。
      まず、高齢化とともに増えつつある病名に認知症があります。


      認知症とは、様々な疾患が原因で脳の記憶機能が著しく低下して起こる病気の1つです。

      自分の名前や、家族の名前だけでなく食事をしたかどうか、今居る場所がどこなのか、季節がいつなのか、何をしようと考えていたのかなどアイデンティティに関わるだけでなく生活、生命維持に関する事まで分からなくなってしまうケースもあります。

      まず、認知症の診断を受けた方の為の老人ホーム紹介します。グループホームと呼ばれる認知症対応型共同生活介護です。



      認知症専門のケアプランを作成するスタッフがフロアに1名ずつ配備されています。

      OKWaveに関する情報満載のサイトです。

      管理者や、開設する者まで所定の研修を終えていなければ開設する事さえ出来ません。



      つぎに、常時医療行為が必要な方が入所出来る老人ホーム紹介します。
      特別養護老人ホームと呼ばれる施設です。
      その特別養護老人ホームには、看護師だけでなく医師も開設の為の人員基準として設置されているため、日常から医療行為を行う事を前提とした、状態の重い方も入所する事が出来ます。入所する方の特性や、状態に合わせて適切な施設に入れるようサポートする事が大切です。


  • 関連リンク